プラセンタ注射・化粧品の効果や副作用

スポンサードリンク

プラセンタとは?

プラセンタとはズバリ胎盤のことです。

胎児の発育のために必要不可欠な組織であるプラセンタは、胎児への栄養補給のための各種栄養素が豊富にあり

また多数の生理活性物質が産生され、貯えられています。

プラセンタに関する研究は数多くされていますが、未だに多くの部分が解明されていません。

プラセンタは現代科学をもってしても未だ未知なる部分の多い神秘の組織なのです。

プラセンタ療法の効果

プラセンタ

プラセンタのエキスを注射で接種すると免疫力が高まることが分かりました。

プラセンタ注射を行うことで糖尿病や高血圧、更年期障害にも効果があるといわれています。


人間は誰でも加齢とともに肌はもちろん骨や血管等が老化していきますが

プラセンタには老化を予防してくれる成分がバランスよく含まれています。


プラセンタは細胞の主成分であるタンパク質も良質なアミノ酸が多く

また細胞の組織に過酸化脂質(脂肪のサビのようなもの)ができるのを予防してくれる抗酸化成分も多く含んでおり、細胞の働きがスムーズになり新陳代謝を高めます。


プラセンタ原液には、アミノ酸やミネラルなど生態維持に大切なあらゆる栄養素が含まれているといわれ肝臓病や更年期障害の治療に使われています。


プラセンタの経口投与は薬剤の吸収までにやや時間がかかり、腸からの吸収が服用量の半分以下になることもありますが

点滴では必要な量をダイレクトに摂取することができます。


プラセンタには人から摂取したものと牛から摂取したものがあります。

牛のプラセンタでは感染症などの心配がありますが

人から摂取したものをきちんと加熱殺菌処理していれば副作用や感染の心配はありません。